かげながら マイペース

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
27
 



どうもー 本日4記事めくらいの記事です。わはははは。

とりあえず今日中に終わらせちゃいたいので、バカみたいな更新率をお許し下さい(


紀行レポート4日目<<





韓国研修旅行5日目

さて、韓国研修旅行も残すところあと2日となってしまいました。あっという間です。

本日の予定は色々てんこ盛りで、まず、ソウル市内班別自主行動後、NANTA公演鑑賞。

のちのち、NANTAとは何かなど解説いたしますが・・・この5日目の朝にやってしまいました。

見事に寝坊をかましてしまいました。同じ部屋の友人と共に。

多分相当疲れていたんだと思いますが・・・ちょっくら注意を受けたりして参りましたね、はい。


そんなことはさておき、その日は朝から忙しく、ソウル市内自主行動にはサブガイドの

現地の大学生さんが付き添ってくれるので、その対面がホテルにて最初に行われました。

相手の方は、20歳の女性の方で、ぽっちゃりしてて、なんだか天然そうな人でした。

しかし、実際一緒に行動していると、本当に天然というか、ドジっ娘だったのです。


まず、最初に移動するための駅の場所が分からなかったみたいで、道の人に聞いてみたり、

今度は駅構内の改札の場所がわからず、右往左往してしまう始末・・・。

確か、駅構内でも道行く人に改札の場所を尋ねていたっぽいのですが、それでも

あっちへ行ってみたり、こっちへ行ってみたり、駅の中で迷子になりかけたのはいい思い出です。
s_P1000810.jpg

さて、時間はかかりながらも、目的の場所に着いた・・・のかと思いきや。

全然違うところに着いていて、私の班は電気商店街という商店街に行きたかったのですが、

案内されたところは、ごく普通のデパートのようなところでした。

・・・でも、それなりに面白かったので結果オーライ。


そして、いろいろ見回ったのち、明洞(ミョンドン)というところで昼食をとることに。

ここの昼はもう、韓国料理の恐ろしさを味わいましたね。

s_P1000811.jpg
 そのサブガイドさんは、

 左の写真のようなしゅうまい?

 みたいな美味しそうな熱々の

 韓国では有名らしい食べ物を

 注文していました。

 一口食べてみたのですが、

 味はしゅうまい+αみたいな感じで、これはとても美味しかったです。

s_P1000812.jpg で、問題はこちらの写真の麺です。

見るからに真っ赤でとても辛そう。

麺は緑色をしていて、何かの草を

混ぜたようなスッキリした歯ごたえ

かつ野菜も入っていて夏には

ピッタリな食べ物だったのですが・・・


最初はそうでもなかったのです。辛さが。ですが、徐々に牙を見せ始めました。

むちゃくちゃ辛い。いままで一番辛い料理だったと思います。

舌が焼けそうになり、コップの水が一瞬で無くなってしまう程・・・

こりゃ完食は無理だと思い、諦めてしまいましたが・・・ いやはや本場韓国料理の辛さというか

恐ろしさの一片を味わってしまった気分です。 うーん、辛さしか覚えていません。


【味】★★★☆☆
【辛】★★★★★     <一言コメント> しゅうまいは美味しいが、麺は辛すぎた!


そんなこんなで、レストランを後にし、あとは地下鉄に乗っていろんな場所を見学しました。

一番記憶に残っているのは、街中に立てられてあった、絶叫マシーンに乗ったことです。

あれは言葉ではうまく言い表せられませんが、怖すぎました。普通に絶叫した。

なんであんなものが街中にあるのか・・・疑問に残りますが楽しかったです。


そして集合場所の景福宮に着き、サブガイドの方と別れの挨拶などを交わしました。

いろいろ落ち着かない自主行動でしたが、なんだかんだでとても楽しい時間を過ごせました。

サブガイドの方には感謝しております。ありがとうございましたー。日本語頑張ってください。


別れを告げ、バスに乗り次に向かった場所はNANTAというミュージカル会場。
NANTA
とは?
ホテルの厨房を舞台に、4人の料理人が結婚式の特別料理を作るという単純明快なストーリー。料理道具を打楽器にして、心躍るパフォーマンスを展開します。伝統芸能を現代にアレンジした舞台で、誰でも韓国独特のリズムを体感できるのが特徴です。

ほとんど身振り手振りで公演は行われ、あとは音楽という言語の壁を隔てたパフォーマンスで

魅せてくれるので、韓国語が理解できなくても、問題なく楽しめるのが売りだと思います。
s_P1000870.jpg

実際会場には、いろんな国の方々がいらして、私達日本人学生の左側にはアメリカ人

と、思われる 非常にノリのいい方達がたくさんいました。

とにかくNANTAは面白いの一言で、始まってから終わるまでずっと本気で楽しんでいました。

4人+1人の個性があまりにも際立っていて、一度見たら忘れられないようなミュージカルで、

思わず真似したくなるようなパフォーマンスも飛び交いつつ、さらには観客を巻き込んでの演技。

これほどまでに感動したミュージカルは初めてです。まぁ、ミュージカルとか行ったこと無かったんですが。

是非また見てみたいと思いました。


そんなわけで楽しい余韻を残しつつ、ホテルへ帰路につきました。

その日は班のメンバー全員で「オール徹夜」しようぜ!という話になり・・・・

長い長い夜が始まり・・・ そして結局一睡もしませんでした。

睡魔が暴走する中、いよいよラスト。最終日へと続きます。



紀行レポート4日目<<

milomilkさん>


うおおおひとつひとつ丁寧なコメントどうもありがとうございます!
こちらもひとつづつ返信していきますねー

2日目>

ちょっと友人に指摘されましてね・・・(笑
それにちょうど昼寝をしまくってしまったせいで眠れなかったというのもありましてー

校舎外も非常に綺麗で、見たら多分びっくりすると思いますよ(笑
ほほぉ、そうなのですかー 一応延世大学は、私立・・・だったような気もします。
博物館も中はとても綺麗で、展示物も多いし、良かったですよ!

そうですねw 今でもいい思い出でごじゃいます。

3日目>

本当、そう思いましたよー・・・ 
なんて言われたのか、あの写真を見るたびに思い出します。
たぶん、「そこに座って撮ってもいいよー」的なことかな・・・?分かりませんなぁ(´・ω・`)

そうですねぇー それによって色々衝突とか起きているようなものですからなぁ
確かに、違いを知ることは大事だなと思いました。

ビビンバ美味いですよビビンバ(笑

4日目>

間違いなく日本じゃ味わえなさそうな緊迫感でした・・・
あそこにいる兵士さんたちはもっと大変なんでしょうなぁ

全くその通りですよねぇ 

どうもわざわざ1日ずつコメントいただいちゃってありがとうございましたm(_ _)m
それと一気に更新してしまって、若干申し訳ないです(



スポンサーサイト
    19:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://musashikelp.blog118.fc2.com/tb.php/364-73b840d7
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

武蔵龍

Author:武蔵龍
花梨サーバーで活動しています。
HN:武蔵龍xKELPx
所属ギルド:MYPACE

㊤画像は看板娘(?)の睡魔

ビックバン来たけど
うちわ片手にのんびり
遊ぼうとおもいます。

現在・・・
137Lv  シャドー
Type : うちわ賊


■□□□□□□□□□ 10% 

サブ:クレリュウ(ソウマス)75Lv

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。